散歩コース&服装に気を遣う

犬が蜂に刺されないようにするためには、外出時に蜂対策をしておくことです。今からでも実践できるので、是非参考にしてみてください。万が一に犬が刺された場合も、被害を小さくできるでしょう。

備えあれば患いなし〜愛犬家の声〜

大事な愛犬が蜂に刺されてしまったらと考えただけでゾッとしますよね。散歩中は犬が蜂に刺されるリスクが高まるので、飼い主が注意しておかなければなりません。散歩中に蜂が飛んでいるのを見つけたら、巣が近くにある可能性があります。その時は、その場からすぐに離れて虫が多いコースを避けて散歩するようにしましょう。また、蜂は黒い色に攻撃してくる習性があるため、毛の色が黒い犬には服を着せるなどして対策をしておきましょう。

散歩コースへの不安も少し解消されました(20代/女性)

夏になると自然の多い散歩コースには蜂が飛んでいることが多く、愛犬が刺されてしまうのではないかとビクビクしていました。大事な愛犬が刺されないためにはどうしたらいいのか分からなかったので、自分なりに調べてみました。自分でも簡単にできる対策ばかりだったので早速今日から始めてみようと思います。

巣作りを始めた頃がベスト

蜂の駆除には最適なタイミングというものがあります。蜂の行動が活発になる前に駆除をすることで、比較的安全に作業できます。

蜂の巣を作るのは春先から夏にかけての4〜6月頃で、最初は女王蜂1匹か数匹の蜂の集団で作り始めます。この時期は巣もまだ小さく、蜂の数も少ないので比較的簡単に駆除することができます。しかし、駆除のタイミングを逃してしまうと、蜂の活動が活発になり巣が大きくなってしまいます。そうなると駆除にかかる費用も高くなってしまうので、できるだけ早い段階で駆除を行なうようにしましょう。

TOPボタン