蜂の巣を見かけたら犬が刺される前に業者に駆除してもらおう

蜂駆除業者を利用するメリット

上に挙げたメリットはほんの一部です。お金をかけてまで蜂駆除業者に頼みたくないと思う気持ちも分かりますが、自分で蜂駆除を行なうと犬も危険に巻き込んでしまうかもしれません。安全に駆除して欲しいということであれば、駆除に慣れている専門業者に任せるのが一番です。

対処が遅れると命に関わる!

大事な愛犬が蜂に刺されてしまったら、パニックになってしまうかもしれません。しかし、愛犬を救うには素早い判断と適切な処置を行なう必要があります。 ""

刺されると皮膚に炎症が起こる

犬が蜂に刺されると、刺された箇所が赤く腫れます。それか、痒みにより刺された箇所を引っ掻いたり、舐めたりする行動が見られます。犬が頻繁に同じ箇所を後ろ足で掻いているのであれば、痒みを感じている可能性が高いです。もし舐めているのであれば、痛みを感じている可能性があります。犬が一番刺されやすいのは顔で、すぐに腫れてくるので早く気付けますが、身体の場合は腫れても分かりにくいのでしぐさで判断する必要があります。症状がだんだん酷くなってくると、嘔吐や痙攣・興奮状態といた症状が現れます。ここで最も注意するべきなのがアナフィラキシーショックです。死に至ることもある危険な症状です。

いたずらが原因で蜂が激怒する

人を襲うことで有名な蜂ですが、ペットである犬を刺してしまうこともあります。なぜ犬が刺されてしまうのか、その原因を探っていきましょう。

蜂の巣を早期に発見しましょう

夏になると厄介なのが蜂の存在です。犬は好奇心が旺盛なので飛んでいる蜂にいたずらをして、刺されてしまうことが多いようです。犬の場合、体が毛で覆われているので刺された箇所を特定するのが難しく、刺されたかどうか分からないことがあります。犬が蜂に刺された時の症状としては、落ち着きがなくなったり不機嫌になったりで済む場合もあれば、呼吸困難や痙攣といったショック症状に陥ることもあります。もし蜂に刺されてから異常によだれが出たり、ぐったりしていたりする場合は蜂毒によるアナフィラキシーショックを起こしている可能性があるので、すぐに動物病院に連れて行ってあげてください。

TOPボタン